業者依頼のとき役立つ知識

印刷物

種類と特徴

チラシ印刷には激安のものもありますが、業者に依頼するときは、あらかじめ用紙の種類を知っておくことも重要です。まずチラシ印刷で使われる用紙の種類としては、「光沢紙」があり、表面がツルツルして光沢があるのが特徴です。光沢紙は色鮮やかな表現がしやすいため、写真が入っていたりカラフルだったりするチラシに向いています。次に挙げられるのは「マット紙」と呼ばれるものですが、こちらは光沢が出ないようにツヤ消しをしているのが特徴です。このタイプのものは光の反射を抑えられるため、文字が中心のチラシ印刷に合っていると言えます。そして最後に挙げられるのは「普通紙」であり、一般的にコピー用紙として使われているものがこれに相当します。普通紙は表面に何も加工をしておらず、鉛筆での書き込みもしやすいため、受け取った人が何かを書き込む必要がある場合などに便利でしょう。用紙の種類は以上の通りですが、激安をうたっているチラシ印刷の業者に依頼する際は、こうした種類について注意しておきたいことがあります。それは何かというと、業界最安値などの激安をうたっているところでも、種類やサイズによっては、そこまで安くない場合があるということです。そのため、自分が希望する種類やサイズが安いかどうかということまで確認して依頼をすることが重要でしょう。そして種類を限定することによって激安にしているというチラシ印刷もあるため、その場合は種類を選べないことがあるということを知っておく必要があります。